お知らせ
笑顔の美人

肌の美白は注目されていますし、アンチエイジングには必須な事です。
シミが出来る事は老化現象の一つでもありますし、見た目的にもデメリットが有ります。
美白化粧品を使っていても出来てしまったシミは消したり薄くするのは難しいため、美白効果のある医薬品のハイドロキノンを使う事をお勧めします。
しかし副作用もありますし、光や熱に弱く酸化しやすい性質のため、保存の方法なども気を付けなければなりません。
まずはハイドロキノンについて知る事から始めましょう。

ハイドロキノンは紫外線を受けるとシミを作る

ハイドロキノンは海外では化粧品などにも含まれている事が多く、定番の美白効果のあるアイテムとして使われていますが、日本では2001年頃から化粧品にも使用が許可された比較的新しい成分です。
美白効果が非常に高く、一般的な美白化粧品に配合されているアルブチン、ハトムギエキス、ビタミンC誘導体のようなメラニン色素の抑制効果だけではなく、漂白する作用があるという所で大きな違いがあります。

つまり、ハイドロキノンは出来てしまったシミにも有効という事でアンチエイジングにも使える優れたアイテムという事が言えます。
しかし注意しなければならない点として、ハイドロキノンを塗布した部分が紫外線を浴びると、シミをさらに作ってしまうという事が挙げられます。

これはどういう事かと言いますと、ハイドロキノンはシミやそばかすを薄くする事が出来るというメリットと同様に、シミの原因にもなるメラノサイトの働きを弱めるという効果が有ります。
メラノサイトの働きが弱まれば、メラニン色素が作られる量も減るわけですが、その分紫外線への抵抗力も下がる事になります。
ハイドロキノンは光毒性があり、塗布してから紫外線に当たる事ですぐに酸化してしまいます。
酸化する事でシミの原因にもなる活性酸素も生産される事になりますので肌に炎症をあたえたり、さらにシミが出来やすい状態になってしまうという副作用もあるのです。

美白効果を求めて使っているはずなのに、気付いたら前よりもシミが増えていたなんて事もあるわけです。
しかし使い方を気を付ける事でそういった状況を回避することも可能です。

つまり、塗布した後に紫外線に当たる事が副作用の原因であるので、日中出かける前の朝のお手入れ時には使わず、夜のみ使用するという事が大事です。
夜のお手入れの最後に使い、朝は洗顔で洗い流し、紫外線対策として日焼け止めを使って外出すればシミを薄くしたり消したりといった事での効果を感じる事が出来るでしょう。

朝ハイドロキノンを使っていないから紫外線を浴びても大丈夫という事ではなく、メラノサイトの働きを弱めている状態にはなっていますし、新たなシミを作り出さないためにも紫外線対策は入念に行わなければなりませんし、帽子や日傘、サングラスなども併用していく事をお勧めします。

ハイドロキノンを塗りすぎると白斑などの副作用がでる

ハイドロキノンの副作用には、白斑も挙げられています。
日本の決まりでは、ハイドロキノンを化粧品に配合する場合には2パーセント以下とされていますので、日本で売られている化粧品のハイドロキノンの成分で白斑が起こるという事は有りません。
しかし美容皮膚科などで5パーセント以上で高濃度配合されているものを処方してもらったり、個人輸入で取り寄せた高濃度のものは強い漂白作用が有りますので使い方にも注意が必要です。

5パーセント以上の高濃度のハイドロキノンは肌への刺激も強いため、塗りすぎてしまう事で炎症を起こしたりその部分が白斑になってしまうというリスクもあります。
日本で売られている市販のハイドロキノン系の化粧品では心配ないと言われていますが、濃度は確かめてから使うようにしましょう。

ハイドロキノンは漂白作用が強いため、同じ場所にずっと使っているとその場所だけ漂白されて白斑が出来てしまったりといった事も有ります。
さらに、基本的にシミが気になる部分に塗るという使い方なのですが、顔全体を白くしたいと思って広げるように使っていますと、ムラとなって白斑が出来てしまうといったケースも有りますので要注意です。
シミの部分だけにしぼって使うようにしましょう。

美容皮膚科などの医療機関を受診して処方してもらう時には、パッチテストをして、濃度の低いものから使用する事で処方してくれるケースも有ります。
パッチテストで反応が出た方は強いものは使わない方が良いですし、個人輸入など自分で取り寄せる時いきなり濃度の高いものから使うと、リスクも有りますので肌が弱い方は要注意です。

ハイドロキノンの使用方法として、1カ月使ったら1度休むという使い方が推奨されています。
漂白作用が高いためなのですが、医師の元で診察を受けて使っている場合は肌の状態も見てもらいながらその期間を決めてもらったり、安心して使う事が出来ます。

自己判断で使う時は、この1カ月という期間も意識して使っていくことが必要です。
低濃度でもまれなケースではありますが使い続けていく事で白斑が出来てしまう方もいますので、期間を限定して使う事は大事です。
特にもともとアレルギーを持っている方や敏感肌の方は症状も出やすいので様子を見ながら低濃度の物から使う事をお勧めします。

ハイドロキノンは酸化しやすい

ハイドロキノンの特性として、酸化しやすいという事も挙げられます。
光毒性という性質が有り、光を浴びる事で酸化してベンゾキノンというものに変化してしまいます。
これが副作用をより強く出してしまう原因にもなり、その状態で使用する事で肌への影響も出てきます。

炎症を起こしたり、白斑を作る原因となったりするため、保存の方法にも注意が必要です。
変質させにくい方法として、光と熱を遮断出来る冷蔵庫に保存するというのが理想です。
また皮膚科で調薬してもらえる塗り薬同様、使用期限は1カ月程度とされています。
ハイドロキノンが酸化してくると茶色っぽく変色が起こりますのでそれも目安となります。

酸化した状態のハイドロキノンを使うというのも副作用が強くなりますので控えなければなりませんが、肌につけた状態での酸化も注意が必要です。
肌に塗った状態で紫外線を浴びるとやはり同様に酸化が起こり、肌の上でベンゾキノンに変質して活性酸素を発生させてしまったり、炎症したりさらにシミを作る原因となってしまう事につながります。

シミの原因でもあるメラノサイトの働きを弱めるという事は、その分外部からの刺激も受けやすい状態になっているため、抵抗力も落ちている事になります。
その上で肌の上でハイドロキノンが変質していると、肌への影響も大きくなってしまいます。
そのため日中は出来るだけ使わず夜のみの使用が推奨されているのです。

重要なポイントは冷蔵庫で保存して1カ月以内で使い切る事、そして日中は使用せず夜使用した際も日中出かける時には必ず紫外線対策を行う事です。
紫外線対策には日焼け止めを使う事が挙げられますが、夏場だけではなくもちろん1年を通して紫外線が出ていますので、季節に関係なく使うという事が大事です。

美白効果を高めるために、トレチノインというターンオーバーの働きを促す薬と併用される事が有ります。
このトレチノインを使う事で新しい皮膚に生まれ変わりつつその中で漂白作用のあるハイドロキノンを使えば効果も高まります。
しかしこのトレチノインも、変質しやすいという特性がありますので、ハイドロキノンとともに冷蔵庫に保存をして1カ月ほどで使いきるという事を意識しておきましょう。
どちらも医薬品になりますので取扱いには注意が必要です。