• ホーム
  • ハイドロキノンの劣化とは

ハイドロキノンの劣化とは

美白化粧品を使っても、シミの予防には効果が有りますが出来てしまったシミを薄くしたり消したりといったことは難しいと言われています。
そこでおすすめなのがハイドロキノンを使う事です。

ハイドロキノンには漂白作用がありますので、出来てしまったシミを薄くしたり消したりといったことが可能です。
美白レーザーなどと比較すると少しその効果が出てくるのは遅くなることは有りますが、数か月間使う事で徐々に効果を実感することが出来ます。

美容のことを意識した時に、薬を使う事で根本的に働きかけていくことができますので、普段使っている化粧品だけでは十分にケアが出来ない時には取り入れていく事をお勧めします。
基本的には美容皮膚科等で処方してもらう事が出来る薬ですが、個人輸入などで手に入れる事も出来ます。
また化粧品に配合されている場合も有りますが、その場合は濃度が低く調整されている事が多いので、そこまで強い美白効果は期待出来ない部分も有るでしょう。

美容皮膚科などで処方してもらう事が出来る薬の中でも、効果が高いものほど劣化してしまうと効果がなくなるだけではなく、肌に刺激が出てしまう場合があります。
特にハイドロキノンは酸化によって劣化してしまいますと、ベンゾキノンという成分になってしまいます。

基本的にハイドロキノン自体も、お肌が弱い方ですと赤くなってしまったり、紫外線を浴びた後に白斑が出来てしまうなどの肌トラブルが生じてしまう薬です。
しかし酸化による劣化でベンゾキノンという成分に変化すると、さらにその副作用を強めてしまう事になります。

刺激が強くお肌への影響も大きくなりますので、使用期限には注意が必要です。
一般的な化粧品は封をあけてから3か月以内に使う事が推奨されていますが、調合薬品などの場合には1カ月が使用期限の物が多いです。
ハイドロキノンに関しても使用期限は1カ月ほどですので、冷蔵庫に入れて保管した上期限が過ぎた物は廃棄するようにします。

劣化を防ぐためには冷蔵庫で保管がおすすめ

シミを薄くしたり消したりといった漂白する作用がある薬に、ハイドロキノンがあります。
非常に効果が高く、美白治療においてはしばしば使われている薬ですが、劣化しやすいという事が有りますので注意が必要です。

酸化による劣化が起こると、ベンゾキノンという成分に変化してしまいます。
このベンゾキノンは非常に肌への刺激が強く、様々な肌トラブルを起こす原因となってしまいますので、まずは酸化が起きにくい状態での保管が大事です。
常温ではなく温度が低く光を遮断することが出来る冷蔵庫で保管する事、そして使用期限は1カ月ほどですので、その期限内に使うようにしましょう。
もし使用期限を過ぎてしまったり、茶色っぽくなってきたという酸化の状態が見られたら、廃棄する事です。

保管状態によっても酸化が起こりますが、お肌につけた状態で紫外線を浴びるという事でも酸化が起こってしまう事になります。
そのためできるだけ出かける前の朝のお手入れの時にはハイドロキノンは使わずに、夜のお手入れの最期に使う事をお勧めします。
また日中出かけるときには日焼け止めを使うなどの紫外線対策をすることが大事です。

ハイドロキノンだけでもシミへの美白効果が期待出来ますが、さらに効果をアップさせたいのであれば、トレチノインという薬も併用していく事をお勧めします。
この2つはセットで使われる事が多いです。
トレチノインには、ターンオーバーの働きを良好にすることができ、年齢とともに崩れがちな新陳代謝を効率よく行える状態にしていきます。
古い角質が溜まっていく事でシミもでてきやすくなるため、ターンオーバーの状態を整えつつシミを漂白するというのが理想です。
トレチノインも冷蔵庫での保管です。