• ホーム
  • 白ニキビを潰すとどうなるか

白ニキビを潰すとどうなるか

ホルモンバランスが崩れて皮脂分泌が過剰になったり、不規則な生活習慣が原因で顔全体にできてしまうニキビには出来てからの経過によって種類が異なってきます。
通常は見た目や色を判断して現在の症状がどの段階なのかを判断することが可能です。
症状が軽いものから順に、白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ、黄ニキビと進行していくため最初の段階である白ニキビとはニキビの初期段階の状態に分類されます。
毛穴に詰まった白い部分は毛穴に皮脂や角質などの体の老廃物が詰まってアクネ菌が繁殖している状態に分類されるのです。

通常は潰すと消えない跡としてクレーターと呼ばれるへこみが残ってしまったり、色素沈着を起こしてしまうなどの肌トラブルの原因となります。
出来るだけどのような状態のニキビであっても潰すのは避けて、専用の薬を塗布したり皮膚科の医師に相談をして適切な治療を受けることが短期間で完治させるための方法とされています。

特に白ニキビが悪化してアクネ菌が増殖していくと、毛穴の中に詰まっている皮脂や角質などの汚れは酸化をおこして、角栓が黒い状態へと進行していきます。
黒ニキビになってしまうと次は毛穴の中で炎症を起こし、皮膚細胞を破壊してしまうことでクレーター状のニキビ跡が残ってしまう危険が出てきてしまいます。

そのため治療をするためには、白ニキビ状態なら悪化する前に適切な治療を行うことで、炎症になる状態を防ぐことが出来ますし、跡も色素沈着も予防することが出来るので、肌を清潔にしてニキビ治療薬を利用してセルフケアを行ったり、皮膚科での治療を受けるようにしましょう。

また思春期にできやすい白ニキビに関しては、過剰に分泌される皮脂が毛穴に詰まってしまうことで起こるので、普段からこまめに洗顔を行うことやアクネ菌除去が行えるスキンケア化粧品を利用して肌を清潔に保つことが重要です。

大人ニキビの場合は規則正しい生活を送ることが予防に繋がります。

白ニキビを潰しても大丈夫と言われる理由

通常ニキビは潰してしまうと跡や色素沈着が残ってしまう可能性があるため、触らないことが鉄則だといわれています。
しかしニキビの状態が初期の白ニキビの場合は、潰しても大丈夫でむしろ早めに毛穴の中に詰まっている皮脂などが固まった芯を除去してしまうことで、短時間でニキビを完治させることが可能になります。

白ニキビの中に詰まっている白い芯は、皮脂と古い角質の固まりと言われています。
本来は皮脂と古い角質はターンオーバーによって毛穴から外に排出されていきますが、毛穴に残ったままになると皮脂と古い角質が混ざり合って固くなり、毛穴をつまらせてしまう原因となるのです。

そこで自宅で白ニキビを潰す方法として、まず用意する必要があるのが面皰圧出器です。
皮膚科でも実際に白ニキビの治療で使用されている器具で、最近ではドラッグストアやネットショップを利用すれば簡単に手に入れることができます。

まずは手のひらを石鹸で念入りに洗い、次にアルコール入りのウェットティッシュで面皰圧出器を綺麗に拭き取ってから白ニキビに押し付けて毛穴から白い芯を除去します。
この時に芯と一緒に透明の液体が出てきた場合、ティッシュなどで拭き取ってはいけません。

この透明の液体は浸出液と呼ばれ、傷口を早く治そうとする体の役割でもあります。
そのため浸出液は拭き取らず、そのまま放置しておいても大丈夫です。
そうすることで拭き取るよりも早くにニキビを完治させることが出来ます。

潰した後はニキビは傷跡の状態になっているので、雑菌や汚れが付着している指で触ることは内容に、清潔に保つことが重要です。
潰した後に出血があった場合は清潔なガーゼなどで血を拭き取り、傷口が外気に触れないように保湿クリームや絆創膏などで保湿をすれば完了です。